愛知学院大学

総合政策研究科

総合政策研究科 「行学一体・報恩感謝」の精神に則り、人間環境と社会システムの2コースの交流を通して、総合的視野から創造性あふれた政策提言を行える人材を育成する。

概要

平成14年4月に総合政策専攻 博士課程(前期・後期)を増設
中部地区で最初の総合政策系学部としてスタートした情報社会政策学部の上に構築された大学院
※情報社会政策学部は平成18年4月に「総合政策学部」と名称変更

特徴

幅広い研究ができる

2コースを設置

【人間環境コース】
<研究領域>
生涯学習・教育、対人関係・人間心理、生命科学政策
【社会システムコース】
<研究領域>
社会経済システム、政治、地域文化政策、環境政策、国際政策

上記2コースにおいて、7分野の幅広い研究ができる

「総合性」と「創造性」を重視する教育研究方法

各学期ごとに2つのコースの学生と教員が総合的考察と討論を行うコラボレーションタイムを設置
異分野との交流を通して、総合的視野からの創造性あふれた政策提言を行える人材を育成