愛知学院大学

教育理念・校歌

愛知学院大学は、専門の理論と応用を教授・研究し、あわせて本学設立の主旨である仏教精神を基とした「行学一体」の人格形成に努め、「報恩感謝」の生活のできる社会人を養成し、広く世の各界に寄与し、人類の福祉と文化の発展に貢献することを教育理念としています。

愛知学院が明治9年(1876)の創立から今日まで、一貫して堅持し続けてきた建学の精神である「行学一体」とは、曹洞宗の開祖道元禅師の宗教体験にもとづく教えですが、教育の次元ではつぎのように理解しています。

「行」とは「人間形成」あるいは「自己を磨く」ということであり、「学」とは「真理の探究」・「知識を磨く」ことを意味しています。「知識を修得」しつつ「自己を磨く」ことを一体と捉えることは、単に知的な理解だけに満足しないで、進んで身心を傾けて真に身についた学問を実践して人間的完成をめざす修学態度をいいます。その意味で「行学一体」とは「知の実践」ということができます。

また、「報恩感謝」とは、われわれ一人ひとりはあらゆる存在との相互依存の関係において生かされているという釈尊の教えに基づいています。わたしたちは自己の正しい認識と把握によって、人として自らの不完全さを自覚した時、親の恩、師の恩、友の恩をはじめ、天地自然の多くの恵みや地上の生きものすべてから恩恵を受けて、生かされていることに気づき、周囲への感謝の想いが自ら湧き上がってきます。その意味で「報恩感謝」は「己の把握」を表わしています。

仏教の教えの根本は、人間としての真のあり方を追究する積極的な姿勢にあります。社会に役立つ自主性に富む社会人の養成を目的とする本学の教育は、現実を客観的に正しく見つめ、いかなる場合にも中正な判断をくだすことができるように自己を磨くことをめざしています。自己とは何かという原点に戻り、揺るぎない己の確立をはかる道を示したことばが本学の建学の精神です。

このような「行学一体・報恩感謝」の精神こそ、本学の教育の特色であり、理念を普遍させて「自分の可能性に挑戦し、協働の場で主体的に活躍できる人」の育成を理想としています。

校歌 ※大野・・・場所、方向を表わす接尾辞 ※とよむは・・・響き渡る、広まりゆく、の意
校歌を聴く