愛知学院大学

法学研究科

大学院へ戻る
法学研究科

「行学一体・報恩感謝」の精神に則り、人間性と創造性豊かな法学・政治学研究者および高度専門職業人を養成することを目標とする。

 2020年4月 名城公園キャンパスへ完全移転 
●授業は平日昼間/夜間・土曜ともに、名城公園キャンパスで開催されています。
●博士前期課程の租税法コースは、客員教授(税理士)2人と准教授1人の3人体制で、税理士資格取得に向けての充実したサポートを行います。
※詳しくは学生募集要項をご覧ください

概要

法学研究科では、多様化する現代社会において、専門的知識と倫理的思考力を備え、多方面で活躍できる人を養成することを目標としています。

ここで学ぶことができる学問分野は、法律学と政治学です。法律学分野では、憲法をはじめとして行政法、民法、商法、刑事法、租税法など、実社会で最も必要とされるすべての法分野を専門的に研究・学習することが可能です。

とくに、租税法に関しては、所得税法、法人税法、相続税法、消費税法などの租税法科目はもちろん、その隣接領域にある民法、行政法、憲法なども学ぶことができ、租税法をより深く理解することができるようになっています。

政治学分野では、比較政治学や近代日本政治史などが学べます。政治と法とは密接な関係にあるので、政治学と法律学を融合的に研究することも可能です。現代社会において生じている複雑かつ多様な問題を理解しその解決策を導くためにも、学問領域を横断するような研究は有益だと思われます。

特徴

講義+演習授業で知識と考える力の双方を高める

講義形式と演習形式の授業科目をセットにした特修科目は、専門知識を定着させながら、実践的な考える力を身につけられるような授業科目になっています。

スペシャリスト的職業人の育成にも適合するカリキュラムの多様性

所得税法、法人税法、相続税法、消費税法、国際租税法などの租税法関連科目を多様開講することにより、税理士資格取得を支援しています。また、租税法の隣接領域の科目も学べるので、租税法の理解が一層深まります。

多様な目標に応じた熱意ある研究指導

法律学や政治学の研究職志望者のみならず、法務、税務、会計業務、企業法務等の実務家志望者の目標に応じた研究指導を行います。

博士後期課程では、大学の教職その他の研究職に就くことを目的とし、指導教授とのマン・ツー・マン教育を行います。