愛知学院大学 TOPICS

『トビタテ!留学JAPAN』第4期生に本学経済学部学生が採用されました

2016.02.23

文部科学省 官民協同プロジェクト『トビタテ!留学JAPAN』の第4期生に、本学経済学部3年の木本登史さんが採用されました。

『トビタテ!留学JAPAN』は、意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す気運を醸成することを目的として 2013年10月より開始されました。政府だけでなく、社会総掛かりで取り組むことにより大きな効果が得られるものと考え、各分野で活躍されている方々や民間企業からの支援や寄附などにより、官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成することを目的としたプログラムです。

第4期生には、全国から1,415名(260大学)の応募があり、437名(141大学)が合格しました。

木本さんは、スポーツ、アート、国際協力など様々な分野や活動において、今後の活躍が期待できる人材が留学する「多様性人材コース」に合格。「パルクール」というスポーツの普及活動や自身のパフォーマンス向上を目的に、2016年8月よりデンマークのOllerup(オレロップ体操学校)のパルクールコースに4ヶ月間留学する予定です。

 

<関連サイト>
トビタテ!留学JAPAN 公式HP