2020年4月、名城公園キャンパスから新しい教育が始まる。

名城公園キャンパス2020特設サイトはこちら
愛知学院大学 学長  佐藤 悦成

夢を夢で終わらせない!!

名城公園キャンパスがさらに魅力的なキャンパスになります。ビジネス系3学部に加え法学部が加わることで社会科学分野の一大拠点へと発展します。さらに1年次より4年次までの一貫学修が可能となり、自分の未来を見据えた学びにより、夢を実現させることができます。本学での学びにより、隠れていた“伸びしろ”を見い出して、人間力を高めてください。

愛知学院大学 学長 佐藤 悦成

法学、商学、経営学、経済学、社会科学系4学部が集結する一大拠点へ。

2020年4月、名城公園キャンパスに新棟が完成し、法学部が日進キャンパスから移転します。同時に、商学部、経営学部、経済学部も1年次から名城公園キャンパスへ。社会科学系4学部の全学年が集まる、さらなる活気に満ちた一大拠点となります。また、名城公園キャンパスは名駅や栄に近い都心型キャンパス。交通アクセスがよく、通学しやすい立地も魅力のひとつです。

名古屋駅からキャンパスまで約10分
2020年度からの構成 2020年度からの構成

学問知と実践知を結ぶクロスオーバー型教育がさらに発展。

法学部、商学部、経営学部、経済学部が集結することによって、従来の3学部連携から4学部連携へと教育体制も進化。学部を横断する4学部共通科目・連携科目を開講し、「法」と「ビジネス」の多角的な視点から現代社会の課題解決にアプローチします。また、「学問知と実践知の融合による社会科学の総合知の創造」という教育目標のもと、名古屋の行政や経済の中心地に位置するキャンパスの強みを活かした学びも展開。法学部では官公庁と士業団体の連携講座を予定するなど、外部講師を迎えた講義を積極的に行い、より実社会に近い学修や研究を支えます。

学問知と実践知
商学部は「実学」である商学を、流通・マーケティング、会計・金融、ビジネス情報から学ぶ。経済学部は理論・歴史・政策の3つの角度から、中部圏、日本、世界の経済社会を読み解く。 経営学部総合的なマネジメント能力を備え、社会でリーダーシップを発揮できる人材を育成。法学部は法に関する専門的な知識と思考力を養い、現代社会が抱える諸問題と向き合う。

機能的な学修環境が新たに広がり、学生たちのアクティブ・ラーニングが加速。

名城公園キャンパスに新しく誕生する高層棟には、開放的で機能的な学びの空間「ラーニングコモンズ」を設置。グループワークやプレゼンテーションなどのアクティブ・ラーニング、学生同士や教員とのディスカッション、コミュニケーションがさらに活性化されます。

ラーニングコモンズ
名城公園キャンパスの各棟

※現状のイメージです。今後変更する可能性があります。

ページの先頭へ