歯科衛生士の役割

歯科衛生士は、あなた自身を磨き、輝かせる歯科医療の専門家です。

時代の変化にあわせて、歯科衛生士への期待は高まっています。

少子高齢化をはじめとする社会構造の変化や、医療保険制度などの行政改革、人々の健康志向の高まりなどを受け、医療分野は大きな変革の時を迎えています。これまでの医療は、多様な疾病の治療が中心でしたが、これからは疾病予防や健康づくりの支援にも重点が置かれているようになっています。

歯科保健分野でその重要な役割を果たすのが、歯科衛生士です。口腔内の病気の予防や歯のお手入れの指導、食生活へのアドバイスなどを行い、人々の「歯と口腔」の健康を守ります。また、患者との触れあいを通して疾病の症状や日頃のケアの状況をつかみ、歯科医師へ情報を提供するなど、適切な治療を施すためのパートナーとしても重要な存在。高度なチーム医療を展開するために欠かせないメンバーの一人であり、社会や歯科医師の歯科衛生士に対する期待は年々高まっています。