新着情報

ANA中部空港株式会社の現役グランドハンドリングスタッフによる講義が行われました[お知らせ]

2017.06.06

グローバル英語学科で開講されている「観光実務論a」(松岡昌幸、中野佳子)において、ANA中部空港株式会社 グランドサービス部 搬送サービス課の浅田様がゲストスピーカーとして招かれました。
浅田様は、現在、中部国際空港(セントレア)にてグランドハンドリングスタッフとして活躍されており、具体的なグランドハンドリングの業務内容(航空機誘導、航空機牽引、ブレーキマン、コンテナ搭載、手荷物搬送、ランプバス、貨物搬送業務など)のお話をしていただきました。実務的な講義内容を聞くことで、グランドハンドリング業務が飛行機を安全に飛ばす上で、いかに大切であるのかを理解することができました。

また、大型スクリーンに映し出された飛行機に向かって、マーシャリング(航空機の誘導)を実演していただきました。迫りくる飛行機や浅田様の機敏な動きなど、本番さながらの迫力に圧倒され、学生達は固唾を呑んで見守りました。

講義後の質疑応答では、学生から「グランドハンドリングの仕事でやりがいを感じるところは?」という質問がありました。浅田様は「お客様をお見送りしているときに手を振り返してもらえると、やりがいを強く感じます。」と笑顔で質問に答えていただきました。その笑顔を見ただけで、グランドハンドリングという仕事が、魅力的であることが理解できました。

当講座は、本学が推進する「クロスオーバー型教育」の一環で行なわれるもので、各学生は社会人として必要な汎用的能力やホスピタリティ・マインド(おもて なしの心)が身につけることを目的としています。今回の講義を聴講した学生達の中には、航空業界への就職を志望している者もおり、自身の将来にも結びつく 教育が行なわれました。

 

文学部 グローバル英語学科