環境に配慮した先進設計

TOP名城公園キャンパス情報 > 環境に配慮した先進設計

人・街・未来を見つめた、環境と安心の先進設計。

地域の環境に配慮した設計、サスティナブルな社会づくりに貢献するエネルギーシステムなど、最先端の技術・設備をすみずみまで行き届かせた次世代型エコキャンパスです

地域の特性を活かした、環境配慮型キャンパス

名城公園から吹く風を活用するため、建物は東西に風が通るように配置しています。4棟すべてに「クールアンドヒートピット」と呼ばれる地中熱利用換気システムを採用し、爽やかな風を感じながら勉学に励むことができます。

多様な発電方式により、省CO2を実現

太陽光発電+蓄電池、ガスコージェネレーションシステムを組み合わせ、夏場の昼間などの電力消費のピークカットに貢献します。また、名城公園キャンパス内の太陽光発電量、電気使用量などの数値を表示するモニターを全棟に配置し、省CO2の見える化を行っています。

地域の防災拠点を果たす、自立機能

非常用発電機、太陽光発電+蓄電池、停電時にも発電可能なガスヒートポンプ空調機などの導入により、天災などの非常時にも電気が使用できます。また、井戸や雨水貯留槽を備え、上水道供給が途絶えた時の生活用水として利用も可能です。

自然・未利用エネルギーの有効活用

井戸水をくみ上げ空調として熱利用したうえで、樹木の水やりやトイレ洗浄水に利用したり、居室の冷・暖気を廊下やトイレにも利用するなど、資源やエネルギーを無駄にせず、有効に活用しています。

良質な学修環境と省CO2を両立する、空調・照明システム

気流を感じさせず温度ムラがない次世代型の誘引放射空調システム(省エネ大賞受賞)を採用し、省CO2も実現します。また、照明にはLEDを採用し、人の有無や時刻に応じた制御を行うことにより、良質な学修環境と省CO2を両立させています。