名城公園キャンパスから始まる、新しいビジネスの学び

名城公園キャンパスに集結するビジネス系3学部が連携主体的に活躍できるビジネスパーソンを送り出す

愛知学院大学の商学部、経営学部、経済学部が名古屋都心に集結。
ビジネス系3学部の連携と、中部経済の中心である名古屋都心の立地を最大限に活用した、
独創的な学びがここから始まります。

名城公園キャンパス
商学部
経営学部
経済学部
ビジネス系3学部を備えた愛知学院大学ならではの独創的でアクティブな学びを名古屋都心で展開
Paragraph01 名城公園キャンパスに集結するビジネス系3学部が連携主体的に活躍できるビジネスパーソンを送り出す

各学部の専門性を深めながら、学部横断的なカリキュラムを展開総合的なビジネス観を養う教育システム

名城公園キャンパスにおけるビジネス系3学部の学びは、
ビジネスを多角的な視野で捉えることができる、学部を横断しての連携が大きな特長です。
理論と実践を通して可能性に挑戦するビジネスリーダーを育てます。

「学部の専門性」+「総合的なビジネス観」を備えた真のビジネスパーソンへ
Crossover Curriculum
ビジネス系3学部を横断的に学ぶクロスオーバーカリキュラム
Learning Method
学びの意欲を誘発するラーニングメソッド
Curriculum Triangle
知識を蓄え実践力を養うカリキュラムトライアングル(教養教育+専門教育)

Curriculum Triangle

知識を蓄え実践力を養う、カリキュラムトライアングル
(ビジネス系3学部の専門科目より一部抜粋)

  商学部 経営学部 経済学部
スキルベース 学びを深め、広げ、より高いレベルに引き上げる技術を身につける。 1.情報リテラシーA・B 2.簿記ⅠA・B 簿記ⅡA・B 上級簿記A・B 3.ビジネス英語ⅠA・B ビジネス英語ⅡA・B  Business Conversation A・B 1.情報リテラシーⅠ・Ⅱ 2.初級簿記Ⅰ・Ⅱ 中級簿記Ⅰ・Ⅱ 上級簿記Ⅰ・Ⅱ 3.ビジネス英語Ⅰ・Ⅱ ビジネス英語Ⅲ・Ⅳ 1.経済数学Ⅰ・Ⅱ 2.キャリア英語Ⅰ・Ⅱ 3.情報リテラシーA・B
ナレッジベース クリエイティブベースへと結びつく、基盤となる知識を蓄える。 1.商学入門 2.流通論 3.マーケティング論 4.会計学 5.金融論 1.経営学入門Ⅰ・Ⅱ 2.人事管理論 3.生産管理論Ⅰ・Ⅱ マーケティング管理論Ⅰ・Ⅱ 4.会計学入門Ⅰ・Ⅱ 5.経営と情報Ⅰ・Ⅱ 1.ミクロ経済学ⅠⅡ 2.マクロ経済学ⅠⅡ 3.経済学史A・B 一般経済史A・B
クリエイティブベース 実践型・能動型・課題解決型の講義を通して実践力を身につける。 1.応用商学Ⅰ~Ⅵ 2.商学特論Ⅵ (まちづくりと商業施設) 3.演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(ゼミナール) 4.外国書講読A・B ※会計サロン 1.特別経営講座A~C 2.ビジネス・ゲーム実習 3.経営管理実習ⅠA~D 経営管理実習ⅡA~D 4.バーチャル・カンパニー ⅠA・B ⅡA・B 1.中部経済論 2.経済学特講Ⅰ 3.専門演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

Learning Method

正解のない問題に、主体的に挑む力を身につける
アクティブ・ラーニング

一方的に学生に知識を伝達する講義ではなく、課題研究やPBL(プロジェクト/プロブレム・ベースド・ラーニング)、ディスカッション、プレゼンテーションなど、学生の能動的な学修を取り込んだ講義スタイルです。教養科目、専門科目、地域連携センターの取り組みなど、さまざまな形でアクティブ・ラーニングを展開します。
また、名城公園キャンパス内には特長として高層のアガルスタワー(Aichi Gakuin Active Learning Studio Tower)をはじめ、学生同士が自由に活用できるアクティブ・ラーニング専用ルームを数多く設置しています。

仲間同士で学び合い、高め合う
ピアサポート・システム(ラーニング・アシスタント)

ラーニング・アシスタントとして、学生同士が学年の枠を超えて、互いに助け合い、学び合う仕組みです。講義におけるグループワーク等のファシリテーションや学生からの質問への回答など、「教えられる側」から「教え、助ける側」に変わることで新たな「気づき」を促し、ラーニング・アシスタントである学生自身の成長にも大きく寄与する相互成長の仕組みです。

Crossover Curriculum

ビジネス3学部の連携で横断的に学び、
総合的なビジネス観を養う

クロスオーバーカリキュラム

ビジネス系3学部では、企業や行政と連携しつつ、3学部が共同で講義を展開する3学部共通科目を設定。これにより、それぞれの学部に在籍しながら、他学部の視点での学びが可能となり、総合的なビジネス観を醸成することができます。
ひとつの経済現象を異なる視点でとらえる多角的学習により、3学部で学べる理論や実践を組み合わせることで、複合的なビジネススキルを養うことができます。

Paragraph02 各学部の専門性を深めながら、学部横断的なカリキュラムを展開総合的なビジネス観を養う教育システム
ページ・トップへ
ページ・トップへ
ページ・トップへ