• ホーム
  • 法務支援センターへの移行
  • 教育理念・学則
  • カリキュラム・シラバス
  • 施設・設備
  • 教員紹介
  • 修了者数・司法試験結果
HOME > 法務支援センターへの移行

法務支援センターへの移行

法科大学院は平成29年4月1日に法務支援センターとして移行・発足します。法科大学院の業務の相当部分は、法務支援センターへ引き継がれます。また、退職者等を除いた現法科大学院のスタッフが法務支援センターを担います。

継続される業務としては、概ね次の通りです。

修了者向け学修支援

法科大学院修了者のための研修生制度は、これまで通りの体制で継続されます。これは、本学法科大学院出身の司法試験受験資格者が居なくなるまで、法務支援センターの業務として維持します。

学部学生向け学修支援

平成28年度秋学期から、司法試験予備試験や他大学法科大学院既修者コースを目指す学部学生を対象とする法律専門科目の講義を行っています。この学修支援は、平成29年度以降も、法務支援センターの業務として維持・拡充します。

無料法律相談

本学学生・職員からの法律相談に対応している「愛学リーガル・クリニック」は、法務支援センターに移行しても維持され、従来通り無料法律相談に応じます。

社会的活動

法科大学院は他大学や高等学校あるいは自治体等の諸機関と連携して、講師派遣や法律相談等の業務を行っています。これらの業務は、平成29年4月以降も、法務支援センターの業務として維持・拡充します。



Copyright(C) Aichi Gakuin University All Rights Reserved