• ホーム
  • 法務支援センターへの移行
  • 教育理念・学則
  • カリキュラム・シラバス
  • 施設・設備
  • 教員紹介
  • 修了者数・司法試験結果
HOME > 法務に関する講演会情報

法務に関する講演会情報

演題をクリックしていただくと、詳細な内容をご覧いただけます。

演題 対象 講師 概要
交通事故と法律 一般 浅賀 哲 交通事故に遭遇した場合の民事上の問題点について、講演する。過失相殺割合、損害賠償額の算定、保険制度の利用、裁判上の手続き等をテーマとする。
債権回収と法律 一般 浅賀 哲 債権管理がうまくゆかず、売掛金等の債権の支払を受けられない場合の各種民事手続きについて説明する。保全、裁判、執行、調停等の各種手続きの概要、留意点について言及する。
契約書のチェックと法律 学生・一般 浅賀 哲 契約書作成の手法、留意点等について説明する。民法典にある典型契約から、フランチャイズ契約、事業譲渡契約等の非典型契約等についても、具体的な契約書例等の紹介をする。
医療法概観 学生・一般 浅賀 哲 医療関係法について、概観して説明する。医療従事者のコンプライアンス、医療過誤等の防止策についてケーススタディ型にて講演を実施する。
倒産法概観(倒産時の初期対応) 学生・一般 浅賀 哲 破産法、民事再生法、会社更生法等の概観を説明し、各種倒産手続きの理解の一助とすることを目的とする。債権者側の対応などについても、広くテーマとする。
オワハラ 学生・一般 浅賀 哲 @オワハラの具体例、Aオワハラが社会問題化した背景、B簡単な定義付け、B問題が起こった時の対処法名をわかりやすく伝えることにします。
18歳の選挙権行使について〜高校生が日本の民主主義を担う〜 高校生 浅賀 哲 選挙権の行使・国民主権・選挙の4原則・選挙活動・政策判断などを広くテーマとし、選挙権年齢引下げに伴う受講者参加型講演。
18歳選挙権と教育 教員 浅賀 哲 投票に向かう,生徒に対するメッセージ・教職員としての教育上の留意点の解説と具体的事案についての検討協議。
ブラックバイト 全学生 岩井 羊一 ブラックバイトをしない、やめるために
・ブラックバイトとは  ・労働基準法の基礎  ・ブラックバイトで辞められないときにはどうする。(ブラックバイト弁護団の若手弁護士をゲストに迎えることも可能)
あなたも裁判員 一般市民・企業 岩井 羊一 一般市民 教養をつけたい 企業 裁判員に従業員が呼ばれることについてどう対応するか 
・裁判員裁判の概要  ・裁判員の義務  ・裁判員裁判の意義
和解・民事調停・家事調停 大学生 上北 武男 ・訴訟によらない紛争解決手続きの利用  ・日常的なトラブルの解決に有効
仲裁 学生、外国と取引のある企業 上北 武男 ・内国仲裁、外国仲裁の手続きの概略を開設  ・仲裁合意のある場合、その合意効力についても解説
民事裁判入門 高校生〜大学生 上北 武男 裁判所で進められている民事裁判手続きをわかりやすく解説
親子、夫婦、相続。家族をめぐる法律問題 中学生〜大学生、一般 上北 武男 家族をめぐる法律問題をQ&Aで解説
誤判・冤罪事件はなぜ起きるのか? 一般 梅田 豊 ・日本の誤判・冤罪事例  ・誤判(冤罪)の原因は何か?  ・なぜやっていない人が自白するのか?
正義とは何か?(刑事裁判の話) 一般 梅田 豊 ・『DEATH NOTE』の夜神月は正義か? ・そもそも犯罪とは何か?
・ある人が犯罪を犯したことを誰がどうやって判断するのか?(刑事裁判の流れ)
法とは何か? 一般 梅田 豊 ・法は人間関係を規律する規範(ルール)の一種  ・理知(理性)はやっかいもの?
・法(規範)はどうやって創られてきたか
行政からの被害救済(行政救済)と「取消訴訟制度」について 学生・一般 岡崎 勝彦 行政救済とは?行政争訟(不服申立て・行政訴訟)、国家補償(国家賠償・損失補償・国家補償の谷間)
新しい行政の課題(情報公開・個人情報保護)について(1) 学生・一般 岡崎 勝彦 ・行政情報管理制度(情報公開制度・個人情報保護制度)と「国民の知る権利」 ・情報公開制度(情報公開法)と開示請求権 ・不開示情報 ・開示手続 ・第三者の手続的保障 ・不開示決定等に対する救済制度(情報公開・個人情報保護審査会) ・独立行政法人等情報公開法 ・独立行政法人等情報公開法
新しい行政の課題(情報公開・個人情報保護)について(2) 学生・一般 岡崎 勝彦 ・行政情報管理制度(情報公開制度・個人情報保護制度)と「国民の知る権利」 ・個人情報保護制度とプライバシー権 ・個人情報保護法の内容 ・本人の関与
人権について 学生・一般 岡崎 勝彦 人権総論(享有主体・民主主義・法の支配・立憲主義・私人間効力)、包括的基本権と法の下の平等、自由権(精神的自由と経済的自由)、社会権、参政権等
在日外国人の人権について 学生・一般 岡崎 勝彦 外国人とは?「定住外国人」等の外国人類型(在留原因・在留目的・在留実態・期間)、主権行使等々の人権保障類型(精神的自由・経済的自由・社会権、家族構成、国籍国の事情等)
外国人参政権保障について 学生・一般 岡崎 勝彦 参政権と民主主義(治者と被治者の同一性)・立憲主義・法の支配、国民「固有」の権利(憲法15条)、国政(国民)・地方(住民)、選挙権・被選挙権、都道府県と市町村
外国人の公務就任権について 学生・一般 岡崎 勝彦 参政権(公務職就任権)と公務員就任権(職業選択の自由)、公務員に関する「当然の法理」(公権力の行使・公の意思の形成)と法治主義による制約と補完(直接か間接か)
国籍(複数国籍)法制の導入について 学生・一般 岡崎 勝彦 国籍とは?国民国家(主権・国民・国籍)のゆらぎ、単一国籍の原則、国籍取得(帰化)、国籍条項による差別、血統主義と生地主義、同化・融合主義と統合主義、複数国籍
地方交通線の活性化法制と交通権(住民の生活権の保障) 学生・一般 岡崎 勝彦 地域公共交通活性化再生法と交通政策基本法、移動の自由の保障、住民の交通権(住民の移動手段(@交通手段:交通路・施設・機関とA交通役務・利便性)保障、生活公共交通の保障と地域協議会への参加
住民の権利(住民自治の保障) 学生・一般 岡崎 勝彦 住民(「市町村の区域内に住所を有する者」)、直接参政制度(選挙・被選挙権、地方特別法投票権、条例の制定・改廃の要求、事務監査請求、議会の解散請求主要公務員の解職請求)、請願権、議会の傍聴、陳情権、市町村合併についての住民発議制(合併特例法)各種審議会・公聴会への参加、行政手続きへの参加、住民投票制度、公の施設を利用する権利、住民の監査請求および住民訴訟情報公開(住民の知る権利)等々
メンタルヘルス不調者を巡る法的諸問題について 一般 國田 武二郎 副題(とりわけパワハラスメントについて)
通達の意義と効力 学生・一般 榊原 志俊 通達には、どのようなものがあり、どのような効力があるか
裁量基準の意義と効力 学生・一般 榊原 志俊 裁量基準とは何か、どのような効力があるか
立憲主義とは何か 学生・一般 高橋 洋 その成り立ちと現状を考える
個人と国家の関係 学生・一般 高橋 洋 国民は国に対して何を求めることができるか
選挙権で世界が広がる 学生・高校生 高橋 洋 18歳選挙権の意義について考える
市民社会と法 中学生〜大学1年生 田中 淳子 ・物品の購入、バイト等の契約上のトラブル  ・インターネットを通じた通信販売  ・悪徳商法被害の実態とその対応
18歳と法律問題「日常生活と法」 学生・一般 田中 淳子 特に、日常生活に密接な関係を持つ民法の世界を知ろう
朝起きてから夜寝るまで、この世に生を受け、死に至るまで目にはみえない民法の網に包まれていることをいろいろな事例を取り上げながら解説
親子、夫婦、相続。家族をめぐる法律問題 中学生〜大学生・一般 田中 淳子 家族をめぐる法律問題をQ&Aで解説
土地をめぐる法律問題 一般・不動産を扱う専門士業 田中 淳子 不動産取引、賃貸借契約上の問題から、相隣関係、境界・筆界問題、登記等の制度について事例を取り上げてわかりやすく解説。対象に応じて関連する問題を取り上げる。
スポーツと法 中学生〜大学生・一般 田中 淳子 スポーツするのは、「権利」? 危険なスポーツへ参加は自己決定権? スポーツと権利の関係や、スポーツ指導者の法的責任等、スポーツを法、法律を通してみつめてみよう。スポーツ事故判例や近時のスポーツを取り巻く法的諸問題を紹介
国際組織としての国連 高校・大学・一般(対象とする者にレベルを合わせる) 初川 満 主に国連について、機能や権限などを見ていこう。
国連による平和維持 高校・大学・一般(対象とする者にレベルを合わせる) 初川 満 国連は、平和維持のために何ができ、どのようなことをして来たのかを見ていこう。
テロの法的規制 大学生・一般 初川 満 国際社会は、いかにテロの法的規制を行ってきたかを、歴史的視点から考えてみよう。
医療倫理としての法 大学生・一般 初川 満 医学研究や医療は、法的手段のみならず行政機関による通知などによって規律され、また国際規範や学会の指針などもソフト・ローと呼ばれ守るべき規範として認識されている。ソフト・ローを含めた医療の世界において遵守すべき社会規範としての法について考えてみよう。
株主総会の実際 学生・一般 服部 育生 株主総会の開催にかかわる法的諸問題
株式会社の仕組み 学生・一般 服部 育生 株式会社はどのように作られ、どのようにして運営されるか。
商品の販売と独占禁止法 学生・一般 服部 育生 カルテル及び不公正な取引方法
インサイダー取引 学生・一般 服部 育生 株式投資とインサイダー取引規制
取締役の報酬と責任 学生・一般 服部 育生 取締役の報酬・責任をめぐり実務で生じる問題
株主代表訴訟 学生・一般 服部 育生 株主はどのようにして取締役の責任を追及しうるか
合併比率の不公正と株主 学生・一般 服部 育生 合併比率はどのように算出されるか
独占禁止法の課徴金制度 学生・一般 服部 育生 独占禁止法違反行為に対する課徴金はどのようにして算定されるか
敵対的企業買収とその防衛策 学生・一般 服部 育生 買収防衛策はどこまで許容されるか
警察官による武器使用 一般・高校生 原田 保 ・適法か違法かはどのように判断されるのか  ・過去の事件においてどのように判断されたのか
ストーカー規制法 一般・高校生 原田 保 規定の内容は適切か
↑ページの先頭へ

Copyright(C) Aichi Gakuin University All Rights Reserved