愛知学院大学

法学研究科

法学研究科 「行学一体・報恩感謝」の精神に則り、人間性と創造性豊かな法学・政治学研究者および高度専門職業人を養成することを目標とする。

概要

昭和39年4月修士課程(私法学専攻)、昭和41年4月に博士課程(私法学専攻)を増設。

平成2年に専攻分野の名称を私法学より「法律学専攻」に変更。私法学はもとより、基礎法学・公法学・政治関連科目等を増設し、時代の要請に即応した特殊講義も開講。

特徴

スペシャリスト的職業人の育成にも適合するカリキュラムの多様化

多目的な目標に応じた熱意ある研究指導

研究職志願者のみならず、法務、税務、会計業務、企業法務等の実務家志願者に対応

密度の高い研究指導

博士課程後期:大学の教職その他の研究職に就くことを目的とする。
指導教授とのマン・ツー・マン教育

研究の機会を多くの人に開放

法学・政治学の専門知識の修得と研究の機会を多くの人に開放する目的で聴講生、研究生、科目等履修生、研究員を受け入れている

栄サテライトセンター

社会人を対象に、夜間・土曜日の受講により2年間で修士号取得可能。
税法関連科目を多数開講することにより、税理士資格取得を支援。