愛知学院大学

商学研究科

商学研究科 「行学一体・報恩感謝」の精神に則り、ビジネスの実践的な研究を通して、最先端ビジネス・エキスパートや税理士等の育成およびビジネス・パーソンのリカレント教育を目的とする。

概要

商学研究科は、昭和39年4月に修士課程設置。昭和41年4月に博士課程を増設。愛知学院大学、最初の大学院研究科として創設。半世紀に渡る伝統と実績がある研究科。

特徴

名古屋圏における有数商学系大学院として、学会・実業界から高い評価を得ている。

21世紀型ビジネス・エキスパートの養成

伝統的な会計・税務・租税法と流通・マーケティング各分野に加えて

  • グローバリゼーション=国際ビジネス
  • リスク管理=金融・保険・証券
  • 情報技術=E-ビジネス

などの6分野にわたる最先端ビジネス・エクスパティーズを提供

『講義・演習』

「知的トレーニングの場」であり、豊かな業績を持った研究者と一線で活躍するビジネス・リーダーとが共に連携して、ソリューション・オリエンティッドなビジネス学の理論・応用双方を指導。

リカレント教育の重視と税理士資格取得

中小企業やベンチャー企業の経営者、会社員、公務員など既にビジネス最前線にいる人々へのリカレント教育も重視。

特に、税理士資格取得を目指す学生は、主要な試験科目である税法(所得税法、法人税法、消費税法など)および簿記・財務諸表の履修によって実力を養成できる。

※学位取得に係る研究が税法に属する科目等又は会計学に属する科目等であるとの税審議会の認定を受けた場合には、税理士試験科目の免除を受けることができる。

栄サテライトセンターの開設

平成15年度から
「生涯学習の場・高度専門職業人の養成の場」として、栄サテライトセンターを開設。
夜間・土曜日に開講。

平成 16年度から、

  • (1)6分野にカリキュラムを再構築。
  • (2)各授業が春学期・秋学期で完結するカリキュラム編成をおこなっています。

このカリキュラムは、栄サテライトセンターにおける実学志向でかつ移動性の高い社会人学にはおおきな利便性が期待される。

博士後期課程と研究者養成

【博士後期課程の目的】
大学や他の教育・研究機関で教育・研究に従事する高度の研究能力をもった人材育成
【博士後期課程の目標】
博士の学位取得が一つの研究目標

※指導教授とのマン・ツー・マン指導によって学位論文作成と学位取得とを促進するように支援。