愛知学院大学

大学院出願資格

博士前期課程(修士課程) - 平成30年度入試 -

一般入試(全ての研究科共通)

次のいずれかに該当する者

  1. 大学を卒業した者
  2. 大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 文部科学大臣の指定した者
  5. 本大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者
  6. 平成30年3月31日までに、上記いずれかの資格を取得する見込みのある者

社会人一般入試(全ての研究科共通)

次のいずれかに該当する者で、入学時において、最終学歴修了後3年以上継続して社会経験を有する者であること

  1. 大学を卒業した者
  2. 大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 文部科学大臣の指定した者
  5. 本大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者

社会人推薦入試(経営学研究科・経済学研究科・総合政策研究科で実施)

社会人入試(一般)出願資格のほかに、次のすべてに該当する者

  1. 大学学部卒業後、次のいずれかに該当する所属機関に3年以上在職中の者
    イ.優良企業、ロ.官公庁(中央・地方)、ハ.教育・研究機関 ニ.各種団体、組合などのうち、イ.に準ずると判断できる機関
  2. 人物が良好であって、上記1の各所属機関の代表責任者が責任を持って推薦する者
  3. 職務経歴あるいは現在の職務に関連する研究テーマを持っており、それについて研究計画書を提出できる者

推薦入試(大学4年次生対象)(文学・心身科学・商学・経営学・経済学・法学・総合政策研究科で実施)

次の各項のすべてに該当する者

  1. 平成30年3月に大学学部を卒業見込の者で、志望する研究科専攻と同系列の学部学科に所属する者
  2. とくに本学大学院で学ぶ意欲のある、創造性豊かな者
  3. 4年次春学期までの取得科目のGPA(※1)が2.5以上の者。成績をGPA係数で評価していない大学の場合は4年次春学期までの取得科目の平均点が75点以上の者(注)
  4. 学部の演習・事例研究の指導教員または学部長が推薦する者

(注)心身科学研究科心理学専攻は、本学心理学科在籍者のみ対象で、4年次春学期までのGPAが3.0以上で、かつ、上位20位までとする。
※1 GPAは本学の所定の計算式によって算出

特別入試(本学卒業生対象・心身科学研究科心理学専攻および経済学研究科は除く)

志望する研究科専攻が、在学中の学部学科と同系列(商学部と経営学部は同系列として扱う)であり、次の各項のすべてに該当する者

  1. 平成28年3月以降に本学を卒業した者
  2. 在学中の成績が上位の者(出願時に大学院事務室へ必ず問い合わせて下さい)
  3. 在学中の演習・事例研究の指導教員、または学部長が推薦する者

3年次対象入試(本学3年次生対象・文学研究科および心身科学研究科は除く)

次のすべてに該当する者

  1. 本学において平成30年3月現在、志望する研究科専攻と同系列学部の3年次に在籍する者
  2. 3年次修了までに、卒業単位の90%以上を修得し、取得科目のGPAが2.7以上である者。ただし、法学研究科は、法学部専門教育科目のGPAが2.7以上の者も可とする。

博士後期課程(博士課程) - 平成30年度入試 -

一般入試(歯学研究科・薬学研究科を除く、文学・心身科学・商学・経営学・法学・総合政策の各研究科共通)

次のいずれかに該当する者

  1. 修士の学位を得た者
  2. 外国において、修士の学位またはそれと同等以上の学位を有する者
  3. 文部科学大臣の指定した者
  4. 大学院において、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
  5. 平成30年3月31日までに、上記の資格を取得する見込みのある者

社会人一般入試(心身科学研究科 健康科学専攻・総合政策研究科のみ実施)

前記、一般入試出願資格を満たし、最終学歴(大学院)修了後、3年以上継続して社会経験を有する者であること

社会人推薦入試(心身科学研究科 健康科学専攻・総合政策研究科のみ実施)

社会人一般入試出願資格のほかに、次のすべてに該当する者

  1. 大学院修士課程修了後次のいずれかに該当する所属機関に3年以上在職中の者
    イ.優良企業、ロ.官公庁(中央・地方)、ハ.教育・研究機関、ニ.各種団体、組合などのイ.に準ずると判断できる機関
  2. 人物が良好であって、上記1の各所属機関の代表責任者が責任をもって推薦する者
  3. 職務経歴あるいは現在の職務に関連する研究テーマを持っており、それについて研究計画書を提出できる者

一般入試(歯学研究科)

次のいずれかに該当する者

  1. 大学の医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する課程(修業年限6年)を卒業した者及び卒業見込みの者
  2. 外国において、学校教育における18年間の課程(最終の課程は医学、歯学、薬学又は獣医学)を修了した者及び修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が指定した者
  4. 本大学院において、個別の入学資格審査により、専攻しようとする領域について、大学の医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する課程(修業年限6年)を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達したもの

社会人入試(歯学研究科)

本研究科入学時において、最終学歴修了後3年以上の社会経験を有し、下記のいずれかに該当する者(社会経験には、歯科医師臨床研修医の経験を含む)。

  1. 大学の医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する課程(修業年限6年)を卒業した者
  2. 外国において、学校教育における18年間の課程(最終の課程は医学、歯学、薬学又は獣医学)を修了した者
  3. 文部科学大臣が指定した者
  4. 本大学院において、個別の入学資格審査により、専攻しようとする領域について、大学の医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する課程(修業年限6年)を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達したもの

一般入試(薬学研究科)

次のいずれかに該当する者

  1. 大学(薬・医・歯・獣医の6年制学部)を卒業した者
  2. 大学院修士課程(薬・理・工・農等)を修了した者
  3. 本大学院において、大学(薬・医・歯・獣医)を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
  4. 本大学院において、大学院修士課程(薬・理・工・農等)を修了した者と同等以上の学力あると認めた者
  5. 平成30年3月31日までに、上記のいずれかの資格と取得する見込みのある者

推薦入試(薬学研究科)

次のいずれかに該当する者

  1. 平成30年3月に大学(6年制薬学部)を卒業見込みであり、学業成績が優秀で学部長が推薦する者
  2. 平成30年3月に大学院修士課程(薬・理・工・農等)を修了見込みであり、研究成績が優秀で研究科長が推薦する者

社会人一般入試(薬学研究科)

  1. 次のいずれかに該当する者で、入学時において、1年以上社会経験を有する者

    1. 6年制大学(薬・医・歯・獣医)を卒業した者
    2. 大学院修士課程(薬・理・工・農等)を修了した者
  2. 次のいずれかに該当する者で、入学時において、3年以上社会経験を有する者

    1. 4年制大学(薬・理・工・農等)を卒業した者
    2. 本大学院において、4年制大学(薬・理・工・農等)を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

社会人推薦入試(薬学研究科)

  1. 次のいずれかに該当する者で、入学時において、教育機関・研究機関・医療機関で計1年以上研究・実務経験を有する者

    1. 6年制大学(薬・医・歯・獣医)を卒業した者で所属長の推薦を得た者
    2. 大学院修士課程(薬・理・工・農等)を修了した者で所属長の推薦を得た者
  2. 次に該当する者で、入学時において、教育機関・研究機関・医療機関で計3年以上研究・実務経験を有する者

    1. 4年制大学(薬・理・工・農等)を卒業した者で所属長(部門・科・講座等)の推薦を得た者